シミ取りの治療法としてレーザーを利用する

シミ取りの治療法として、レーザーを利用するものがありますが、一方では、クリームやローションを使うシミ取り治療も行われています。シミ取り効果があるクリームやローションは、大別するとビタミンが配合されたタイプと、レチノールやハイドロキノンのような薬の成分が配合されたものとがあります。美肌成分であるビタミンは、お肌の新陳代謝を活発にする性質があります。ビタミン入りのクリームやローションを使うのは、メラニン色素を肌の新陳代謝で体外に出してしまうためです。ビタミンの入ったシミ取り用のクリームは、化粧品店などで簡単に入手することができます。皮膚科で、シミ取りを目的に処方されるものに、ハイドロキノンやレチノールを配合してあるようなクリームやローションがあります。お肌にシミができるのは、メラニン色素が皮膚表面に集まるためです。ハイドロキノンやレチノールで、メラニン色素の生成量を減らします。メラノサイトを減らす効果が、期待できると言われています。皮膚に多くのメラノサイトが存在しているほど、シミやくすみの原因となる物質が多くなりますシミ取りのためには、どうすればメラノサイトを減らせるかを考えることです。皮膚科にかかって、シミを診察してもらうことで、シミ取りのレチノールやハイドロキノンは手に入ります。皮膚科にかかるなどしてシミ取りクリームを利用し、肌のコンディションを整えましょう。